くらしの寺子屋「お味噌の話」開催報告

隅田中央会館にてくらしの寺子屋が開催されました。

秋分の日でお彼岸の中日でしたが、残暑というかムシムシした晴天でした。そんな祝日にもかかわらず、15名の参加者と5名のスタッフでワイワイと楽しいひと時を過ごしました。

まずは恒例の合唱「富士の山」♪
この寺子屋では何回か歌ったことのある歌ですが、今回は2番を転調(1音階上げて)させてバイオリンの伴奏をしたところ、皆さんしっかり伴奏に合わせて歌ってくれました。
肺活運動のために大きな声で歌うことに、耳をつかった簡単な脳トレを加えてみました。
楽しそうに歌っていたので、次回は別の曲に挑戦してみましょう!

そして、今回の講演テーマは「お味噌の話」
昔はどこの家庭でも自家製味噌を作っていましたが、最近はそんなに多くはいませんね。

参加者の中にも過去に作っていらした方が、作り方をお話しくださり、皆さん関心を持って聞いていました。
手間暇かけて作られるお味噌には善玉菌が多く生息していること、熱に弱く味噌汁などでは生菌が減ってしまうこと、また欠点としては塩分が強いことなど、一つの食品を通して健康的に病気予防の心構えをするきっかけとなれば…とお話しさせてもらいました。
次の食材は何がイイかな~?

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました